Rosehaven Cottage Garden Diary

2017年10月18日

2017年10月18日午前3時半の星座

おおいぬ座はシリウスのところが弟の2階家に隠れていて、前足だけが見えた。

オリオン座はちょうど富士山の上にあり、部屋からは下半分だけが見えた。

久しぶりのキラキラな夜で、うさぎ座の細かい星もはっきりとたくさん見えた。

今日確認したのはその下にある3つの星だ。

うさぎにしては大きい星だし、カノープスのような存在感はない。

調べてみると、はと座だった。
今まで全部がうさぎみたいに思っていたかもしれない。
いけない、いけない。
posted by Rosehaven at 06:47| 星空観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

2017年10月11日、カサブランカ、マンボ、ウィンストン・チャーチルを植えた場所

ジェネラス・ガーデナーの根を引っこ抜いて5つ植えた。

DSCF0085.jpg


コニファーの前、シュウメイギクの間に5個植えた。

DSCF0084.jpg


この左側にはヤマユリが咲く。

ウィンストン・チャーチル3個。

DSCF0088.jpg


黄色いプリムラ・アラカルトの列の後ろ側

マンボは一号地の空いている所に2つ植えた。これで離れていた2ヶ所がつながる。

DSCF0086.jpg


同じ一号地、ヘンダーソニアの近くに5つ植えた。

DSCF0087.jpg


古いバラの根を3本処分した跡。
posted by Rosehaven at 00:00| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

2017年10月10日のコテージ・ガーデン、雉の♂、ケンちゃん!

久しぶりの好天気

DSCF0077.jpg


「ケンケン」と鳴いて、ケンちゃん登場

DSCF0075.jpg


眩しい光の中で輝く美しい♂!

DSCF0076.jpg


母子たちと同じ方向に歩いて行った。
posted by Rosehaven at 14:00| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

2017年10月7日のコテージ・ガーデン、雉の幼鳥たち

鹿避けネットの向うのメドウに茶色いものが動いている。

DSCF0069.jpg


雉の幼鳥と母親がいた。

DSCF0068.jpg


母親と、丸々と太った子供が4羽か5羽!!

DSCF0070.jpg


ススキと女郎花の間を歩いていった。
posted by Rosehaven at 13:00| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

2017年9月29日〜10月3日のコテージ・ガーデン

ピンクのシュウメイギク

DSCF0067.jpg


DSCF0068.jpg


DSCF0069.jpg


9月30日

DSCF0070.jpg


DSCF0071.jpg


ジャパニーズアスター

DSCF0076.jpg


10月3日

DSCF0067.jpg


DSCF0066.jpg


DSCF0064.jpg


雨の合間



posted by Rosehaven at 10:00| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

2017年9月26日のコテージ・ガーデン

DSCF0130.jpg


DSCF0134.jpg


DSCF0131.jpg


DSCF0132.jpg


DSCF0133.jpg


これはフジバカマではなくてヒヨドリバナだった。

DSCF0129.jpg


中国から帰化したフジバカマは自然界では準絶滅危惧種になっているそうだ。
このあたりでがんがん繁殖しているのはヒヨドリバナで、これもアサギマダラの♂の来る花だそうだ。
posted by Rosehaven at 07:00| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

2017年9月24日のコテージ・ガーデン

DSCF0095.jpg


DSCF0096.jpg


DSCF0097.jpg


DSCF0105.jpg


DSCF0106.jpg


DSCF0107.jpg


DSCF0108.jpg


DSCF0103.jpg


DSCF0104.jpg


DSCF0102.jpg


DSCF0101.jpg


DSCF0100.jpg


無粋な駐車禁止の札を立てた。
向かいで家を建てはじめるので防衛策だ。

他の家の歩道は雑草が茂るが、うちのまわりは私の丹念な草取りによって美しい。
みんなここに停めたがる。
でも、助手席側のドアを開けると、ラベンダーに当たり、踏み荒らされることになる。

大きなトラックはちゃんと配慮して停めるが、通勤の軽自動車が性質がわるい。
田舎の人は歩くのが嫌いで、一番近いところまで車で来たがる。
いちいち注意したくないので駐禁の札を3個立てた。
posted by Rosehaven at 13:05| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月23日

2017年9月23日のコテージ・ガーデン、鹿よけネットの補強

台風で傾いた鹿避けネットのかかる柵を立て直した。

DSCF0094.jpg


ポールで補強したのでもう大丈夫だろう。
木の杭は初めに角に打ち込んで使っていたもの。これは柵の補強に使った。

良い機会なので、西側のネットも直した。

DSCF0093.jpg


ネットの後ろの山は覆っていた蔦。

間違ってネットを切るなよ、と夫が言ったが、切るのはいつも短決戦の夫だ。

ここは庭の外れなので使わない鉄製アーチを置いておいた。
今回横に並べて使った。
posted by Rosehaven at 14:00| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

2017年9月22日のコテージ・ガーデン、オルラヤの種まき

8月に黒くなったものから採取を始めたオルラヤ・グランディフローラの種。

DSCF0080.jpg


野原には茎のまま播いた。この袋は花壇用。

DSCF0084.jpg


雑草をしっかり取ってから播きたいのでちょっと遅くなってしまった。

今回新たに播く場所は

DSCF0090.jpg


水仙を植えるために整えたこの中央部分。

DSCF0087.jpg


手前にあるのはマックスフライ。Sさんから10年ほど前にいただいた苗が育った。

今回もいただいて植えたのがここ。そのうちこんもりと育つと思う。

DSCF0086.jpg


この間にも奥にも播いた。右奥にナエマの古株があるあたりまで。

それから、やはりSさんからいただいた大量のシュウメイギクのために耕した場所にも播いた。

DSCF0089.jpg


DSCF0088.jpg


シュウメイギクは葉が枯れかけているが、このうちいくつかは育つと思う。

オルラヤは多すぎれば抜けばよいので楽だ。
posted by Rosehaven at 13:00| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年9月22日のコテージ・ガーデン、バラの枝の整理

デュセス・ドゥ・モンテベッロはいつも枝を切ろうと思うが忘れて、今年も花が小さかった。
6月16日

寒くなってからでは作業が辛いので、早いところ古い枝を整理することにした。

DSCF0078.jpg


新しい枝がどこからでも出て来るので、下の方から古い枝をガシガシと切った。

長い新しい枝は垂れ下がらせるのでこのまま。

DSCF0079.jpg


持たれかけさせているオベリスクが頼りないので、同じものを別所から持ってきた。

DSCF0098.jpg


DSCF0099.jpg


良く見ないと2つあるのがわからないが、たぶん、頑丈になったと思う。

このコーナーには何本かバラがあったが、根をとって、アスターを植えた。

DSCF0081.jpg


DSCF0082.jpg


いつものファニーではなくてミステリーレディというシリーズだが

DSCF0083.jpg


今年出回っているファニーより濃い紫色だ。

バラ園一号地には今までアスターを植えなかったが、繰り返し咲きというバラたちがほとんど全滅したので、秋には花が無かった。

アスターの紫色はバラには無い色だ。気分が変わってとても良い。

他の場所でもバラを始末した。

DSCF0077.jpg


グレートウェスタンは日陰では育たないのだった。




posted by Rosehaven at 11:00| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

2017年9月21日のコテージ・ガーデン、サー・ウィンストン・チャーチルの植え込み

今年はサー・ウィンストン・チャーチルが大量に出回っていた。

DSCF0069.jpg


夫は水仙はもういい、という。既にある花は要らない、という。
でも、私は律儀な水仙が好きだし、小種類で大量に咲かせるのが好きだ。

ここにも春はチューリップがなければと思って植えてみたが、もうやめた。

DSCF0132.jpg


マックスフライの枝を整理して雑草を抜き、中央部に植える場所を作った。

DSCF0128.jpg


18球、全部、ここに埋めた。

ついでに後ろ側のオノエテラとホスタのエッジの草取りもした。

DSCF0130.jpg




posted by Rosehaven at 13:00| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

2017年9月20日のコテージ・ガーデン、大改造

すっきりとした庭。スクウェア・ガーデンは庭の10分の1程なのに、広く見える。

DSCF0113.jpg


外国の庭のフォーカルポイントのようなバードバスがでんと置かれている。古い大きなバードバスの上に小さなバードバスを載せたもの。

DSCF0114.jpg


注目はバードバスではなく、この周り。昨日の写真

後ろにはポールやオベリスクが無く、それに這っていたクレマチスやバラの枝が無い。
だから、コニファーがくっきりと美しい。

使っていたオベリスクはコニファーの横に置いた。

ここまで鹿避けネットがあったが、蔦の重みでたわんでしまったので、場所を少しづらしてオベリスクを置いたのだ。
DSCF0118.jpg


固定されたネットより動かせるオベリスクの門は便利だ。裏の草刈りや蔦切りがやりやすい。

もっともオベリスクの前にはカンパニュラ、アデノフォラが茂る。

DSCF0122.jpg


今は茎は切られ冬の葉が一面に生えているだけだが、夏場は通れない。

この鹿ネットとハイブリッド・ルゴサの間の狭い斜面にもシュウメイギクを植えた。

DSCF0116.jpg


ルゴサの横にもシュウメイギクを植えた。

DSCF0119.jpg


白い花はフジバカマだ。キライなので切っていたが、アサギマダラの雄のホルモンに必要な花なんだそうで、ちょっと保護することにした。

ハイブリッド・ルゴサ、ロズレ・ドゥ・レはヒコバエからどんどん場所を広げている。

DSCF0120.jpg


この木も立派に咲くだろう。

だから、カーディナル・リシュリューなんて、もう要らないのだ。
カーディナル・リシュリューのあった場所

DSCF0115.jpg


ここにいちばん多くのシュウメイギクが植えられた。

コニファーとミナヅキの間にも植えた。

DSCF0117.jpg


ここは裏のようだが、西の陽が当たるし。

この白いシュウメイギクも健在だ。

DSCF0125.jpg


ミナヅキはどんどん枝を切ってやろう。

DSCF0123.jpg


ついでにこの裏の雑草も取り、コニファーやミナヅキの枯れ枝も切った。

庭仕事はチャンスを生かすのが良い。

すてきな庭になった。

DSCF0070.jpg


DSCF0068.jpg


DSCF0133.jpg


玄関、キッチン窓からの風景が格段に良くなった。

2006年7月、埋め立てたとき。
2011年6月
昔の写真を見るたびに感激する。
posted by Rosehaven at 10:00| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

2017年9月19日のコテージ・ガーデン、バラとクレマチスのもっと少ない庭を

台風はとっくに過ぎたのにまだ風が強い。

DSCF0111.jpg


Sさんからシュウメイギクを大量にいただいた。(これを3袋)

DSCF0112.jpg


空いている所に植えるのではなく、これを機会にこの辺りを大々的に整理してスペースを作ろうと思う。

DSCF0109.jpg


しみじみと咲いていたブールソールのアマディスを捨てる。

オベリスクの間に這わせていたクレマチス、モンタナは大きく伸びて面倒だから、これも捨てる。
世話のかかるものはもう欲しくない。

ついでに結構最近植えたカーディナル・ドゥ・リシュリュー4株も捨てる。

DSCF0110.jpg


細かい枝が面倒だし、花はそれほどきれいではなかった。


posted by Rosehaven at 10:00| コテージ・ガーデン2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする